レキラボ!

レキラボ!音楽部門、始動〜♪

5月21日火曜日
「算数カフェ」に引き続き、
レキラボ!音楽部門が開始されました〜♪

レキラボ!とは、
簡単にいうと「レキオンリンクス 」が運営する
こどもとオトナの居場所づくり事業です!

みんながHAPPYに過ごせる場所をどんどんつくっていこうと思います。
「居場所」なのに、「居場所」を固定せず
沖縄県内の色々なところで遊んでいけたらいいな〜と思っています。

今回は、琉球大学からすぐの「糸蒲公園」にて音楽レキラボ!行いました。
講師はパーカッション奏者の山城カンナさん♪

フリーランスの打楽器奏者で、県内外のオーケストラで活躍中♪
県立高校の音楽の先生でもあります。

レキラボはこれから毎週火曜日をカンナ先生に担当していただき
「遊びのなかに音楽を」とりいれてもらう体験をやっていけたらと思います☆

今日のテーマは「ボディーパーカッション」
自分の体を使って、音楽を奏でていきます。

レキラボ!自体は強制でもなんでもないので、
テーマはあるけど、基本、自由参加。

なので、ある子がおもちゃのピアノを弾いてると思ったら
「ねーねー、かくれんぼしよ?」
となり、音楽のカンナ先生はかくれんぼしてくれるお姉ちゃんに早変わり。
こどもたちが集まってきて
こどもたちだけでかくれんぼが始まったら、
今度は携帯アプリの「ピアノタイル2」を別の子がやり始め
カンナ先生とスコアを勝負。
そのあと、今度はみんなでおたまじゃくしを捕まえに行って
カンナ先生は取り残され、、、
そしてまたしばらくすると戻ってきて
やっとこさ、ボディーパーカッションが始まりました。

これでいいんでしょうか、、、?

いいんです!最高です!

レキラボ!は
塾ではなく
学童でもありません。
全くの強制はなし!です。

じゃあ、、、レキラボ!って?
どうしてやってるの?
その理由はーーー

こどもたちの近くに「プロ」がいると
おもしろいかなぁ?と思って。

いつもの場所のいつもの遊びに
実は「プロ」がいて、関わってくれる。
いつものお姉ちゃんが、実はプロだった。

そこから本格的に興味を持って
ハマった子はピアノ教室に通ってもいいし、
カンナさんのマリンバ教室に行ってもいい。

家庭にそんな余裕がない子は
毎週ここにきて、いろんな音楽に触れるといい。

音楽の相談をしてもいいし、
音楽を教えてもらってもいい。

あとは、公園でやることで
公園自体が安全の場になるかなぁ。という狙いもあります。

公園には、大人と一緒じゃないこどもたちもたくさんいます。
私たちがわちゃわちゃ何かすることで
公園自体も明るくなって、安全な場にならないかなぁ。
というのも期待していたりします。

レキラボ!はまだ始まったばかり。
名前の通り「実験段階」の実験室です。

音楽の先生×コミュニティナース

これからのレキラボ!に期待してください♪

次回の音楽レキラボ!は
ちょっと間をあけて6月11日(火)16:00スタートです。
次回のテーマは「バケツドラム」
成り立つかどうか、、、わからないけどやっていきます!
是非、いらしてくださいね!